中古車・中古トラックを選ぶコツ教えます。

中古トラック情報U−Truck

トラックの特徴別の選び方

トラックは大きさなどにより大型・中型・小型と分けられています。その方法を解説していきたいと思います。

大きさ別での特徴や選ぶ方法

大型トラックを選ぶ時のポイントと特徴

大型のトラックと言うのは、かなりの量の荷物などを積む事が予想されます。ですので、安全面が考えられている造りになっています。そう言う点では、速度を制限する事ができるリミッターや、スピード灯と言うような機能があるかどうかはきちんと確認をしておきたですね。
また、大型トラックの一番の特徴になる大きさや広さを活かしている車内の環境などもきちんと確認をしておくポイントとなります。(ベッドがあるか、照明の場所など)

大型トラックの条件

12m×2.5m×3.8m以内の大きさになっている(全長×全幅×全高)
最大積載量が5t以上かまたは車両総重量が8t以上になっているそれか、乗車定員が11人以上のもの
車両送受量は25tまでのおもさである
第1種大型免許をもっていないと運転ができない
大型番号票(ナンバープレートの事)
1ナンバーになっている

 

中型トラックを選ぶ時のポイントと特徴

中型のトラックは車両総重量で大型トラックとは違うと判断をされて、小型のトラックとは、大きさと積載量によって、区別をします。大型トラックと、小型トラックは規定がきちんとされてはいるのですが、中型トラックはきちんとした定義がされていなくて、大型じゃなくて、小型でもないから中型みたいな風に分けられています。また、だいたいの中型のトラックは4t車と言われています。

中型トラックの条件

12m×2.5m×3.8m以内の大きさで、4.7m×1.7m×2m(全長×全幅×全高)よりも大きくなっているトラック
最大積載量が4t以上になっていて、5t以下になっている
中型番号票(ナンバープレートの事です)
1ナンバーになっている

小型トラックを選ぶ時のポイントと特徴

小型トラックと言うのは、軽自動車規格で造られているトラックで、普通自動車と同じような感覚で乗れて、さらに、小回りがきくのが良い所です。
また、だいたいの小型トラックはよく2t車といわれています。

小型トラックの条件

4.7m×1.7m×2m(全長×全幅×全高)
最大積載量が2t以上積めて、4t未満になっている
4ナンバーになっている

 

Favorite

Last update:2016/9/12

▲ページトップ

 

当ホームページはリンクフリーです。ご自由にリンクを張って下さい。

Copyright (C) 2008U−TRUCK. All Rights Reserve