中古車・中古トラックを選ぶコツ教えます。

中古トラック情報U−Truck

中古トラックを購入する

車を購入する時に必要な書類

自動車検査証(車検証)

登録をされているトラックや車を所有している人や大きさ、重さなどをきちんと書いています。この車の身分証明書みたいなものになりますので、車を使う時はこれも一緒にもっていないといけません。
もしなくしてしまったら、陸運支局に行けば再発行をしてもらえます。車やトラックを購入する時は、名義人が本人になっているかどうかを確認するようにして下さい。

自賠責保険証経書(自動車賠償責任保険証明書)

自賠責保険の事です。車検所と同じように、車を使う時はこれをもっていないといけない大事な書類となります。
保険証書の名義は必ずその車の所有者ではなくても良いのですが、自賠責保険が着れてしまっている車に対しては、名義変更をする事ができません。ですので、車検がきれてしまっているトラックなどを購入する時には、新規に加入をす事になってきます。もし証書をなくしてしまった時には、加入をしてある保険会社で再発行をしてもらいます。自賠責は強制保険なので、車を持っている人なら誰もが加入している保険です。それとは別に任意保険といった自動車保険があります。かなり大きな金額を補償してくれるので、まだ加入していない方はすぐに自動車保険見積させることを検討して下さい。

自動車税納税証明書

自動車税を納付した事を証明する証書になります。毎年5月に送られてくる納付書をつかって納付したら、受領印を押してある証明書を貰えます。
車検を受ける時や、車を売る時に必要となりますので、なくさないように大切に保管しておきましょう。もしなくしてしまったら、各都道府県の税事務所で再発行をしてもらうことができます。

車庫証明書(自動車保管場所証明書)

車を登録するときに必要となってくる書類です。車を保管する場所(車庫)を管轄している警察署に申請をして取得をします。各都道府県によっては交付されるまでの日にちや申請書類の書き方が少し違いますので、分からない所は確認をしましょう。

印鑑証明書(印鑑登録証明書)

今から使う印鑑を所有している人が本人又は、自社だと言う事を証明してくれる書類です。個人でしたら、市区町村で法人でしたら、法務局で印鑑を登録してから取得する事ができます。車を買う時や、売る時は、証明証が発行されてから3ヶ月いないの物を使用します。

譲渡証明書

車を売る時や、譲渡をする時に必要となる書類です。車の型式、車体番号と、売る人、買う人の住所と名前が書かれています。それにはそれぞれの実印が押されている物です。この用紙は、下取りをする所や、買取をしてくれるお店が準備をしてくれます。

委任状

登録をする時に必要な手続きをお店に自分の代わりにしてもらう時に必要となる書類です。委任状を作る時には、印鑑登録がされてある実印が必要となります。この用紙は下取りをしてくれる会社や取引先のお店が準備をしてくれます。
自分で登録に関係する手続きを全てするのでしたら、この書類は必要はありません。

住民票又は、会社登記簿謄本

車検証に書いてある所有者の住所と、現住所が違う場合に必要となる書類です。個人の場合ですと住民票が必要となり、市区町村役所・役場で取得をする事ができます。法人の場合ですと、会社登記簿謄本が必要となり、法務局で取得する事ができます。

 

▲ページトップ

 

当ホームページはリンクフリーです。ご自由にリンクを張って下さい。

Copyright (C) 2008U−TRUCK. All Rights Reserve