中古車・中古トラックを選ぶコツ教えます。

中古トラック情報U−Truck

中古トラックを購入する

中古トラックを購入する流れ

これからご紹介する中古トラックを購入するまでの流れは、すべてに当てはまるわけではありません。それぞれの中古トラックのお店によって変わってくると思いますので、お店に確認をしましょう。これはあくまでも参考として見て下さい。

中古のトラックを選ぶ

まずは、自分が欲しいトラックを選ばなければいけません。いまは、インターネットが普及していて、家にいながらネットを使って探す事ができます。
しかし、実際にトラックを見た方がいいので、インターネットでは、ある程度欲しいトラックを何台か絞ってから、最後は直接自分で見に行くようにしましょう。

連絡をする

インターネットを見て、もし良いトラックがあったら、一度連絡をしてみましょう。トラックの説明をきいたり、いつ見に行きたいと言う話をしたりして下さい。子の時に、ついでに、お店の雰囲気なども電話で分かる範囲でいいのですが、調べてみるといいでしょう。インターネトではお店の雰囲気や従業員の対応などはわかりません。ですので、必ずお店に行く前に電話で連絡をする事をおすすめします。

実際にお店に行く

電話で日にちを約束していたのでしたら、その日に訪問します。約束していなくてもいきなり行っても問題はありません。
お店についたら、まずはお目当てのトラックを見せてもらいます。この時はじっくりとみましょう。また、訪問する日ですが、電話をしていたらその時次第なのですが、もしそのまま行くのでしたら、晴れた昼間に行くようにしましょう。夕方や曇りの日などでしたら、きちんとトラックの状態を見る事ができません。また、雨の日は絶対にNGです。
もし、お店でトラックを試乗できるのでしたら、是非試乗させてもらいましょう。車検などがなくて、試乗できないのでしたら、実際にエンジンをかけて掛かり具合や、アイドリング中のエンジンの回転数などをチェックしておきましょう。そして、何か、気になる事などがあれば必ず質問をするようにしましょう。また、トラックを見るのが終わったら、一度展示されているトラックをぐるっと見て回ってみましょう。もしかしたら、インターネトに載っていないトラックなどがあるかもしれません。

見積もりをもらう

しっかりと隅々まで調べて、試乗もしくはエンジンをかけてチェックをして、問題がなさそうだとおもったら、見積もりをもらいます。この時に、車両代金以外の見積もりも入っているのかも確認をしておきましょう。また、見積もりに関して分からない事などがあれば、どんどん質問をしていきましょう。
また、見積もりもらう段階までは、1つのお店だけでなく、いくつもお店を回るようにしましょう。どこに自分好みのトラックがあるかわかりませんので。

契約をする

見積もりの内容をきちんと確認をして、納得する事ができれば契約となります。契約は慎重にするようにしましょう。中古とはいえ新しい車が自分の物になるので、気持ちが焦ってしまいます。ですが、一度冷静になって、本当にこの内容でいいのか、金額は大丈夫なのか、保証はどうなのかを確認してから、契約をするようにしましょう。

支払いをする

契約をすれば後は、支払いをするだけです。支払いは現金一括にするのか、ローンを組むのかによって違いますが、支払いの方法は自分で選ぶ事ができますので、ムリのないようにしましょう。

納車

契約をして、支払いもしくは、ローンをくんだら、後は、格手続きが終了するのをまって、納車となります。
納車のやり方は2種類あって、お店の人に自分の所に持ってきてもらう方法と、自分でもう一度お店までいって、取りに行く方法です。
お店の人に持ってきてもらう方法は、陸送費がかかりますが、自分でトラックを取りに行けば、この費用をカットする事ができます。

 

おすすめWEBサイト 5選

2017/8/10 更新

←戻る

▲ページトップ

 

当ホームページはリンクフリーです。ご自由にリンクを張って下さい。

Copyright (C) 2008U−TRUCK. All Rights Reserve