中古車・中古トラックを選ぶコツ教えます。

中古トラック情報U−Truck

中古トラックを購入する

中古トラックは、普通の車と比べて、結構ハードな使われ方をしています。舗装されていない道を毎日走ったり、重い物を載せて毎日走ったりとその分痛みも早くなってしまいます。しかし、新車を買おうと思ったらかなりの値段がしてしまいます。そこで、しょうがなく中古を選ぶ人もいるかと思います。しかし、中古トラックもしっかり選べれば問題はないのです。そんな不安一杯の中古トラックの失敗しない選び方をご紹介します。

失敗しない為の中古トラック選び

走行距離や修復歴だけで判断をしない

中古トラックを選ぶ時に、何を基準に判断をしていますか?走行距離や、修復があるのかどうか、仕様やメーカーあるいは値段やお店の対応等々、中古トラックを選ぶ時の基準は沢山あると思います。そんな中で一番勘違いをされているのが、走行距離と修復歴があるかどうかを中心に中古トラックを探してしまっている人がいます。あなたはどうですか。
中古トラックを探す時は、走行距離や修復歴だけに目を置いてはいけません。中古トラックと言うのは、走行距離が少なくても程度が悪いものがあったりもしています。逆に走行距離が多くても、前に使っていたオーナーがきちんとメンテナンスなどをしていれば全然、キレイなトラックなどもあります。また、修復歴がなくても、修復一歩手前のトラックがあったり、修復をして、ぜんぜん普通に使えるトラックもあったりします。
ですので、走行距離や修復歴だけで、判断をするのではなく、全体の状態をきちんと調べてから選ぶ必要があります。もし自分では不安がある場合は、車などに詳しい人と一緒に見れば、失敗もみぜんに防ぐ事ができるでしょう。

メーカーで選ぶ時も長所・短所を確認してから

付き合いの関係で、三菱にしたり、イメージで日野を選んだりと、選ぶ理由は人それぞれだと思いますが、資金ではメーカーでトラックを選ぶ人が増えてきています。
そんなメーカーで選ぶ時に注意してほしい事があるのですが、メーカーによってエンジンや、ミッションの特性が違います。
トラックが作られた年式や車種・エンジンの型式などをみて、これがリコールなど出ていないかをしらべたり、リコールになっていなくても、他と比べると壊れやすい部品(エンジンやミッション。または電装品や消耗品)などがあるのです。
中古トラックを購入する時に、現状販売と言うのがありますが、こういうのは、できれば手を出さないようにしたいものです。また、壊れやすい部品もどのメーカーはどれなのかも調べて、エンジンが壊れやすいメーカーならエンジンを入念にチェックしたり、整備手帳などがあれば、それを参考に購入を検討するといいでしょう。

中古トラック選びはお店選びから

中古車を選ぶならお店から選ぶと言われています。中古でトラックや車を買う時に一番心配になるのが、本当に程度が大丈夫な車なのかだと思います。お店側が程度ばっちりと言っても、実際には、乗った日から故障してしまう車もあったりします。
きちんとしたお店ですと、程度が悪い車をまず、仕入れたりはしません。ですので、安心して、そのお店から中古トラックを選ぶ事ができます。
しかし、やはり中古車となりますので、故障の頻度に関しては新車にはかないません。ですので、保証がどうなのかを確認しておきましょう。
特に、修理だけでも高額になってしまう、エンジンやミッションなどの保証は付いているのかどうかをきちんと確認しておく必要があります。
また、中古車を売っているお店には、車を点検した独自のチェックシートがあると思いますので、そのシートを見せてもらったり、実際にトラックを試乗をして、なにか不明な点や気になる事があれば遠慮をしないで、どんどん質問をしていくようにしましょう。

予算を立てる

中古トラックを買う場合、車両の本体価格以外にも色々な費用が発生してきます。
その費用は次のようなものがありますので、ぜひ中古トラックを購入するときはこれらの費用も頭にいれておきましょう。

別に掛かる費用

車検がない場合

車検整備費・重量税・自賠責保険料

その他の費用

自動車税・登録手数料・車庫証明手数料・仮ナンバーが必要なら手数料および代行手数料・陸送費やガソリン代

 

Favorite

脱毛サロンを宇都宮で申し込む

最終更新日:2017/7/12

次へ→

▲ページトップ

 

当ホームページはリンクフリーです。ご自由にリンクを張って下さい。

Copyright (C) 2008U−TRUCK. All Rights Reserve